top of page

ボート部による新入生のための

​学部・学科紹介‼

理学部化学科

 

 こんにちは、理学部化学科🔬3回生の山本です🦹‍♂さっそく化学科の紹介をしていきます。ですが、僕の代と2回生の代の間でカリキュラム改正があり、時間割の場所・般教の必要単位数が変わっていることに注意してください⚠️

<🤷‍♂️人数・男女比🤷‍♀️>
 化学科は毎年80人弱だと思います。そこまで多くはないですが、理学部の中では多数派なのでドンと構えておきましょう🦧男女比は僕の代は2:1です。生物学科もこのくらいだと思います🐎

<🎓分属>
 研究室配属は4回生からです。第一希望から第十希望まで書いて、3回生までの成績順(GPA)に希望の研究室に配属されます。日々の積み重ねが自分の将来を決めるということですね。

<✍️授業と時間割>
 今年の新入生の時間割を確認したところ、専門基礎の科目自体はあまり変わっていないのかなと思いました。どれも大事なのですが、1番大事だと思ったのはやはり化学基礎論です。当然、学年が上がるごとに難易度も上がります。そしてどんどん化学の授業ばかりになっていきます。今後の内容に1番繋がってくるのが、化学基礎論だと思いました。

 僕の代までは、「学問への扉」がありませんでした。しかし、何の種類の講義でもいいから余分に6単位(3コマ分)取らないといけませんでした。また、上記とは別で専門基礎科目を余分に(4単位まで)取ると、専門科目(上回生の専門の授業のこと)として見なせる制度がありました。この制度は今もあるのかもしれませんが。般教は授業が簡単な1回生のうちに取り切っておくことをオススメします。僕もそうしていました。

 すると、必然的にみんなコマ数は18〜21の間くらいになっていました。しかし今年の新入生の時間割を見ると、特に後期はそんなにコマ数が多くなさそうで、羨ましいです🦔一応僕の時間割を載せておきます。後期の金3は体育です。

<🧫実験🧪>
 1回生の実験は簡単です。大学受験で学んだことを実際にやってみる、みたいな感じなので面白いと思います。但し、絶対に休まないでくださいね笑 大変な事になります💫
 


<専門科目>
 木曜日の3・4限に入っている「専門科目」というのがありますよね。何だこれ?と思った人もいるのではないでしょうか。ここでは研究室見学や、化学科出身で院生の方のお話を聞かせてもらう時間です。(※あくまで僕の時の話です)毎週ある訳ではありませんでした。

<化学科の印象>
 化学大好き!っていう人もいると思いますが、物理を避けた結果、化学科を選んだという人も割と多いです。物理が不得意な人が多いのに、1回生では物理の授業がありますよね。ここぞとばかりに物理学科に助けてもらいましょう👶
 最初の頃はみんな控えめで大人しいですが、話せば意外と明るい人が結構います。

<ボート部に入ったら>
 僕からの贔屓が待っています。待ってます!🚣

bottom of page